カリソルブ治療の方法や費用、期間について解説しています。

虫歯の部分だけを取り除くカリソルブの治療法や費用について紹介していきます。
MENU

カリソルブ治療の方法や費用、期間について。

 

カリソルブ治療法は2007年に厚生労働省で認可されたばかりの比較的新しい治療法で、元は1998年にスウェーデンで導入された治療法です。

 

その治療法の特徴は虫歯になってしまった部分に、薬剤を塗布して溶かす治療法です。カリソルブ治療法は健康な歯質を削ること無く、最大限残せることが画期的な要素になります。

 

カリソルブ治療に使われる薬剤は三種類のアミノ酸と次亜塩素酸ナトリウムで構成され、アミノ酸は健康な歯質への攻撃的な作用を抑え、次亜塩素酸ナトリウムは普段私達がお世話になっている歯科でよく殺菌のために使われるものと同じです。

 

カリソルブ治療は保険適用外です。即ち10割負担ということです。これは使用する薬剤が保険適用外であるためです。

 

カリソルブ治療が保険外適用ということで気になるのはその費用ですが、平均的な相場としては詰め物代を含めて虫歯1本約1万円から3万円くらいになります。

 

通院回数も比較的少なく1〜2回程度で所要時間も1回30分前後です。とは言え従来の虫歯治療より時間はかかります。

 

通常の治療はドリルを使って削っていきますが、カリソルブ治療は薬剤を虫歯になっている部分にゆっくりと浸透させます。このことが直接治療時間に転嫁します。

 

従来の削る治療に比べ、歯質を最大限に大切にできる反面、治療費と時間が少々掛かるところがメリットとデメリットになります。

このページの先頭へ