2歳児の虫歯の特徴や傾向ってどういうものなの?

2歳児の虫歯の特徴や傾向や対処方法などいをつけるべきことについて解説しています。
MENU

2歳児のの虫歯の特徴と気をつけてあげること

2歳児の虫歯の特徴や傾向ってどういうものなの?

 

2歳児の虫歯は、母乳虫歯、哺乳瓶虫歯ともよばれます。名前の通り授乳した状態で寝てしまうことが原因となる場合が多いためです。

 

特徴としては上の前歯の前後出来ることが多いのが特徴です。症状としては歯が溶けた状態になります。

 

放おって置くと神経に近いところまで虫歯が広がり穴が開いてしまう場合もあるので注意してあげて下さい。

 

3歳児の虫歯の原因も2才児と同様に、糖分の高い飲み物を飲みながら寝てしまうことが原因となります。

 

状態としては歯間や奥歯のかみ合わせの部分に出来ることが多いですネ。歯が溶けて歯が欠けボロボロになることもまれにあるので注意してあげて下さいネ。

 

乳歯の虫歯が見つかったらまず歯医者さんに行くことをオススメします。乳歯は生えた瞬間から虫歯になる危険があるので注意してあげて下さいネ。

 

乳歯は虫歯の進行が早いため広い範囲に広がり安い傾向にあります。なぜなら永久歯と比べると乳歯は歯質が弱く、さらに厚さも半分位しかありません。

 

乳歯の虫歯を見つけたら早めに治療してあげて下さいネ。放置していると、永久歯に悪影響を与えかねません。

 

永久歯は歯肉内で成長を続けているのでとても大事なことなんです。

 

とにかく注意深く気をつけてあげること、そしてブラッシングをマメに行うという予防ですよネ。

 

そして子供が以下に嫌がらないようにするのか、歯磨きをさせてくれる環境づくりが大切ですね。うちの子の場合は歯ブラシの先にキャラクターのおもちゃを付けて興味付けを行いましたよ。

 

さらにママ友に教えてもらった子供が嫌がらなかった歯磨き粉も併用していましたよ。

 

良ければ参考にして下さい⇒ママ友に教えてもらった子供が嫌がらなかった歯磨き粉

 

このページの先頭へ