プラークコントロールの内容と重要性について解説しています。

プラークコントロールの内容と重要性について解説しています。
MENU

「プラークコントロール」?

あなたは「プラークコントロール」って聞いたことはありますか?歯磨き粉や歯ブラシのCMでよく耳にすると思います。

 

プラークとは歯垢のことです。そしてコントロールは文字通り調節・統制・管理すること。すなわち歯垢を除去して口内環境を清潔に管理することです。

 

プラークをコントロールするには適切なブラッシング法がもっとも重要です。歯ブラシの持ち方はペングリップが基本です。そして鉛筆を持つようにして磨きます。これは力を入れすぎて磨かないためです。

 

入れすぎて歯を磨くと歯ブラシの毛先がすぐに潰れてしうと同時に歯茎にも傷を作り、結果的に歯垢を残す原因になります。そしてやがて歯石になります。

 

歯ブラシに使い方は歯を小刻みにゆっくりと磨くことが大切です。また歯と歯茎の境目は毛先を上手に潜り込ませることでプラークを最大限に除去することが出来ますよ。

 

またデンタルフロスや歯間ブラシを使うことも大切な歯のケアになります。大人であろいうと子供であろうと関係なくデンタルフロスや歯間ブラシを使うことは大切なんです。

 

プラークコントロールは歯石の付着を防ぎ、虫歯や歯周病を防ぐためにはとても重要な事なので実践して下さいネ。

 

うちの子の場合は口内環境を整えるという意味でも子供専用歯磨き粉を使用しています。

 

以外にも子供が嫌がらず磨かせてくれたのでしばらくは使っています。

 

我が家の子供が使ってる歯磨き粉⇒良ければご参考に!

このページの先頭へ